夢と錬金術師に導かれて。。。

今、何位かな?
↓↓↓  クリックして頂けると助かります(^O^)

人気ブログランキングへ

 

今日は、私が読んだ小説の中で、一番と言える位、

好きな作品をご紹介します。

それは、

「アルケミスト―夢を旅した少年―」

(著:パウロ・コエーリョ)

です。

⇒ コチラをクリック

童話風の作品で、

人生の教訓が散りばめられています。

 

羊飼いの少年サンチャゴは、

同じ夢を二度見たことをきっかけに、

長い時間を共に過ごした羊を売り、

それまでの生活の全てを捨てて、

夢で見た宝物を探しにエジプトのピラミッドまで、

たった一人で旅に出るのです。

 

途中、様々な困難や、

色々な人に出会いながら、人生の智恵を学び、

成長して行きます。

 

少年は、夢を信じ、夢を実現するために、

あきらめずに行動して行くのですが、

途中、

夢を見るだけで、

その実現のための行動を

全く起こさない人も登場します。

印象的な一節をご紹介します。

「メッカのことを思うことが、

わしを生きながらえさせてくれからさ、

そのおかげでわしは、まったく同じ毎日を

くり返していられるのだよ。

たなに並ぶもの言わぬクリスタル、

そして毎日あの同じひどいカフェでの

昼食と夕食。

もしわしの夢が実現してしまったら、

これから生きてゆく理由が、

なくなってしまうのではないかと

こわいんだよ。

。。。。。」

 

あなたは、夢を信じ、その実現に向けて

行動しますか?

それとも、

何も行動を起こしませんか?

 

キーワードは、

「前兆に従うこと」

少年は錬金術師(アルケミスト)の導きを受け、

ピラミッドへ近づいて行くのです。。。

友人に紹介したところ、

みんな、素晴らしいと絶賛していました。

夢を叶えたい方は、ぜひ、読んでみることを

おすすめします。

⇒ コチラをクリック

 

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です