サラリーマン人生最大の後悔年齢は40代!?

ご訪問ありがとうございます。

今日は興味深いある調査結果についてお話したいと思います。

サラリーマンの定年退職者1万人を対象とした調査で、「あの時、○○しておけば良かったと後悔しているのは何歳の時だったか」という問いかけをしたのだそうです。

その調査の結果浮き彫りとなったのは、

人生最大の後悔年齢は40代、

だったということ。

この調査結果から、私たちが学ばなければいけない教訓が見えてくる気がします。

40代と言えば一番人間的に充実している時期ですよね。
ここで人間をもうひと回り大きく出来るかどうか、悩まれた人も多いのだと思います。

そして同時に、この10年間をサラリーマン特有の忙しさに振り回され、忙しいだけで終わってしまった人は、非常に多いのです。

40代は、単なる30代の延長ではないと思います。
人によっては走る方向が180度変わってしまうくらいの人生のターニングポイントなのです。

今後進むべき選択をどのように設定するかでその後の人生が大きく変わる。
まさに人生の分かれ目だと思います。

では、30代との違いは具体的に何なんでしょう?それは、

40代は、20代・30代とは求められるスキルが大きく異なるところなのではないでしょうか。

結果的に自分のことだけを考えていればよかった年齢から、家族のこと、子供のこと、部下のこと、親の介護のことなど、自分以外の世界と真剣に向き合う年齢へと変わります。

仕事と家庭のバランスは、これまで以上に大変になり、誰もが頭ではわかっていても、無意識に挑戦を避け、守りへと入ってしまう傾向になってしまう時代かもしれません。

会社では、プレイヤーからプレイングマネージャーへと変わり、「人を動かす力」のスキルアップが求められます。出世レースは最終局面へと突入し、サラリーマン人生最大の分かれ道となるのです。

こういった背景のある40代。
調査の結果ではこの40代で「やり残した後悔」を感じている方が多いというのです。

では、後悔を感じてしまうキッカケは何なのでしょう。

人って忙しく動き回っている間はなかなか反省する機会を持つことが出来ないと思います。

「今」が充実していれば「後悔」の念を抱くことは少ないでしょう。

この件について考えるときには、調査の対象者がサラリーマンの定年退職者ということですので、多くの定年退職者が定年後に遭遇している状況も理解する必要がありそうです。

定年となれば、会社の肩書きがなくなり、それまでの仕事がなくなり、仕事にまつわる人間関係がなくなりますよね。
定年退職の日をさかいにして生まれるこのような環境変化を「定年格差」と呼ぶようです。

そうしてまったく「素の人間」になったときに、「後悔」してしまう。

それまでに自分の人生に対してビジョンを持って取り組んできた人と、そうでない人の違いがはっきりと生まれる瞬間なのでしょう。

40代という人間として一番充実した時期に、忙しさに振り回されるだけではなく、平行して「素の自分」を磨いたかどうかで定年格差の程度の差が生まれます。

もちろん、20代も30代も重要ですが、40代というのは、前述の通りいろいろとやれる幅の広がる年代ですから、この時期を有効活用できなかったということを後悔している人生の先輩が多くいる、ということについて真剣に向き合う必要性を感じます。

闇雲に副業、起業を勧めるつもりはありませんが、社会と繋がりを感じる「仕事」は死ぬまでしたほうがいいと私は思います。
そしてその仕事は、自分の才能を生かしたもの、自分が他よりも興味を持てること、であればなおさらいいわけです。

その準備を40代にするか、しないかで大きな違いがあるということです。

人の半分の時間で、人の倍の成果を挙げることが出来る分野があなたに才能がある分野です。
そして「興味あるなぁ~」と思った分野はあなたに合っている分野だと思います。

私は不動産投資のコンサルタントをしていますが、不動産に興味がある方は、不動産投資を始めとした不動産関連ビジネスに合っている人です。

ちなみに、私が不動産コンサルタントとして重きを置いているのは、各個人の環境、属性、性格にあった不動産投資の世界へナビゲートすること。
一人ひとりに備わっている強みを生かした投資スタイルをご提案することです。

ここには大いに時間を費やす価値があります。何故なら、今後のあなたの生涯にわたってストレスなく継続出来る「社会との繋がり」の形を発見するプロセスだからです。

定年間近になって大急ぎで「その先の方向性」を探すのではなく、思い立った「今」から始めましょう。

このブログを見つけて頂いたあなた、そのタイミングが来ていますよ^^

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です