日銀のマイナス金利導入で不動産は○○○○

eye01_news

1月29日金曜日の日銀政策決定会合でマイナス金利の導入が決定しました。

当日の株式市場は大嵐、一日の取引で日経平均が900円近くも乱高下、
しかも一時は前日安値を175円も割り込む展開は、株式投資歴10年のベテランでも
記憶にないほどの相場展開だったそうです。

市場の評価は昨日(2月1日)が346円高で引けているので、概ね良好のようですね。

さて、この金融緩和相場で株価を上げたのは不動産関連。
野村不動産始め大手各社は10%以上の暴騰。
野村不動産はたった2営業日で一時18%高を付ける爆騰!
一方で大きく値を下げたのが、メガバンク3行等の銀行株でした。

要は、先々の金利低下を見込して、お金を借りて不動産開発をする不動産株が買われ、
お金を貸して金利を得る銀行株が売られたということです。
銀行からすれば、どんどん融資しないと罰金とるぞと、
日銀から恫喝されたようなものですからね。

さて、このマイナス金利政策。
不動産投資にとっては追い風かどうかといわれれば、追い風です。
融資残高を上げていかねばならい銀行からすれば、
土地・不動産という実態担保がある融資案件はとっても融資がしやすいからです。
でも気を付けなければならないのが、
誰でも簡単に融資が受けられるというわけではもちろんありません。

このチャンスを活かすも殺すも、大きく儲けるも、小さく儲けるのも、
投資家の技量しだいです。
今後、不動産会社が投資物件の営業を強化してくるのは必至です。
営業マンのセールストークのペースに乗らず、ご自身の力で、
―どの物件に投資するか判断できる
―長期のキャッシュフロー収支計算ができる
―管理会社の言いなりにならない賃貸経営ができる
―将来の出口戦略もしっかり立案できる
ようになっておくことが、今一番重要なことではないでしょうか。

金融緩和はこれから当分続くと予想されます。
まずは、ご自身の技量を高めましょう。
それと並行して、行動(実践)をして行きましょう。
そうすれば将来の豊かな生活は約束されたも同然です。

そこでおススメなのが:

体系的に不動産投資・賃貸経営を学べるキャリキュラムが整備されている
不動産実務検定(旧・大家検定)の認定講座です。

以下は受講生の声です。

・現場の実情も教えて頂けて、実際に自分が大家さんになった時に何をすればよいのか、
イメージできるようになりました(H.Uさま)

・賃貸経営2年目ですが、講義・テキストともに目からウロコの情報満載で大変勉強になります。(T.Kさま)

・ちまたの不動産投資本を読みましたが、最近は読みごたえがなく、どれもそれほど書いてあることに
差が無いと感じておりました。私は「行動=価値がある」「実践こそキャッシュを生み出す源泉」と
考えておりますが本講座の2日間はこれから不動産賃貸業を行っていく上で武器になってくれると思います。(K.Kさま)

3月19日(土)~20日(日)の2日間で、
満室経営ノウハウの全貌を体系的に学べる<不動産実務検定2級認定講座>
を開催します。
詳細・お申込みは、コチラをご覧ください。↓ 
http://2525ooya.com/tracking2525ooya/groups/4732753/ooyakentei/

この講座で学び、実践することで、まず一歩を踏み出しませんか?

 

「不動産投資を始めたくなったらゴメンナサイ!」

星 龍一朗 対談音声を無料プレゼント実施中!

詳しくはコチラ⇒ http://ftstart.com/taidan/

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>